Cost reduction

エアコンコスト

エアコンの効率

日本には四季があります。春、夏、秋、冬の4つで四季です。その中でもエアコンのお世話になるのは、夏や冬などになると思います。特に日本の夏は、湿気によって不快感があり、エアコンを使わないと、イライラして集中できないでしょう。しかし、このような理由でエアコンを使うと気になってくるのが、やっぱりエアコンのコストとなると思います。経費削減のためにときってしまっても、作業効率が落ちるので良くありません。

一般的にエアコンは使えば使うほど、効率は悪くなると言われています。その原因としてホコリがあり、定期的に吹き出し口の周辺の清掃をしてくださいという話を聞いたことあるでしょう。でも、掃除でどれくらいの効果があるのかは、数値で表示しないと分かりにくいです。掃除に人員を割くとすると、それ以上の効果があることが分からないと、業務として取り入れようとはしないでしょう。

また、エアコンで重要なのは室外機の管理が一番大事だと言われています。そのためか、室外機を冷やす装置もあるようです。実際に劣化した室外機に補助装置をつけて、冷媒を入れなおすことを行った結果、電流地が約25%減少した工場があるそうです。電流地が減るということは比例して、電力消費量も当然減ります。それによって、電力の使用料金も減ります。もちろん、基本料金もその効果を受けることができます。

これは、工場よりも電力消費に閉めるエアコンの割合が大きい商業施設だともっと有効でしょう。デパートやコンビニもエアコンを使うので、削減効果を得られるかもしれません。しかし、いろんな装置が世の中に溢れかえっているので、その取捨選択は難しいと思います。設置してどうなるかというデータの検証ができるものが望ましいです。

全ての室外機で一律に電流地が25%減るというわけではありません。先ほど登場した工場では、8台の平均がそのくらいの値になっているという事です。さらに効率の悪い室外機がもう一台あり、そちらは36%の削減率となっています。

その装置は、エアコンを使う夏前に導入するのが一番だとは思いますが、データの検証ができるので、その時期以降の設置でも、電力会社がその効果を認めてくれる可能性は高いです。つまり、導入する時期はいつでも、電気使用料金も基本料金もすぐに恩恵が受けられるということになります。しかし、もちろんその装置を導入するときは、導入のコストと下がる電気代の比較検討は必要になってきます。その計算も、数値データを基に行えます。

ただ、予想データと実施データは著しく異なることもあります。今回の例は、良い方へ著しくなっていたそうですが、悪いほうへ著しくなる可能性も忘れてはいけません。もう今年の夏は無理だと思いますが、来年の夏にその装置の、導入してみるのはいかがでしょうか。夏の間中、怖かった電気料金が楽しみになるかもしれません。

Valuable information

在宅中国貿易をするなら